Your search results

6-2 ハワイ不動産をローンを利用して購入

Posted by root on 2019年02月27日
| 0

 

 

 

 

 

 

 

日本でローンを利用して、ハワイの不動産を購入出来る可能性がございます。

 

 

 

過去西京銀行の場合、ハワイの不動産を担保にとり、固定資産税評価額の6割まで融資可能でした。(およそ購入物件の50%となります。)ローンの実行、返済は日本(円)で行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20万ドルの物件をローンを利用して購入する場合

 

 

 

約11万ドル(1,200万円)部分を融資。
自己資金11万ドル必要。 (諸経費1%含む)

 

 

返済は日本で約5万円/月。(30年、変動2.8%の条件と仮定)

 

 

 

 

最近では減価償却などを利用して、節税分を返済に充てる投資家さんが増えています。

 

 

 

 

 

アメリカ 30年固定ローン金利の推移

 

 

アメリカ30年固定ローン金利の推移

 

 

 

 

 

ちなみにアメリカの借り入れ金利、今は史上最低金利水準となります。

 

 

それでもアメリカだと4.4%(2018年3月時点)。1980年前半は18%となっていました。この45年間の平均貸出金利は8.17%となります。

 

 

 

 

 

ただこの先、金利は上昇傾向となります。日本も含めて極端な上昇はないと思いますが、金利は上がり、物件価格は若干下落傾向になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

西京銀行さんはかつて30年変動2.8%にてファイナンスを行い、金利のみ5年間支払い(元金5年据え置き)という、長期譲渡の税率になるタイミングで売却を考えている方向きの商品、また法人向け融資商品も出していました。

 

 

現在物件を現金で購入され所有されている方は、その物件を担保に融資を行い、フルローン的な利用も可能でした。

 

 

 

 

 

 

 

今後ハワイの物件を担保に日本側で融資を実行する同様の銀行が3月ぐらいから出てくる予定です。

 

※今後出てくる銀行さんに関しては、枠が限られていますので、興味ある方はご連絡願います。

 

 

9年後、万が一円安に振れれば資産価値が上昇。しかも返済は円だと、日本側でローンを行いハワイの物件を購入するメリットはかなり大きくなります。

 

 

 

 

 

 

 

またハワイの銀行さんでも、日本人相手に融資を行う銀行が数行ございます。

 

 

 

日本人担当のご紹介可能です。30年固定でおよそ頭金3割から4割。金利4~5%となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の銀行、またハワイの銀行ローンを利用しての購入に興味ある方はこちらからお問い合わせください。

 

 

個別コンサルタントの日程はこちらから確認下さい。

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ!

Your email address will not be published.